アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意

アイ・チョー・クリスティン(Ay Tjoe Christine, 1973-)はインドネシアの西ジャワ州バンドン出身の、インドネシアで活躍している現代アーティストです。彼女はドライポイントなどの凹版印刷の技術を習得した後、テキスタイルデザイナーとしてキャリアを積み、2000年頃からアーティストとしての活動を本格的にスタートさせました。
キリスト教の説話や精神的主題に基づいて表現を行うアイ・チョーの作品は、人間の不完全性や二面性についての深い洞察に裏付けられています。とりわけ絵画における飛び散るような色彩の断片は自身の揺れ動く感情の在りようを示す一方、カンヴァスの余白との魅力的な調和をみせる抽象化されたイメージには、万物と人間との関係性を探求するアイ・チョーの真摯な姿勢が現れているようです。
アイ・チョーの日本の美術館での初個展となる本展は、活動初期のドライポイントやドローイング、具象から抽象の間で表現の可能性を探求してきた油彩画群、ソフトスカルプチャーや大規模なインスタレーション、さらに本展のために制作された新作の大型絵画など、約50点の作品を通して、およそ20年にわたる多角的な創作活動の成果をご紹介いたします。

期間:2018年4月28日(土)〜2018年8月19日(日)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館展示室7-12、14
主催:金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
協力:OTA FINE ARTS

YEAR
2018
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」

映画美学講座

平田晃久展 Discovering New

巨匠 デ・キリコ展