中国の仮面劇

第16回中国文化の日
中国の仮面劇
江西,貴州に中国芸能のルーツをたどる
中国各地の村々で、太古の昔から神霊崇拝や吉祥祈願の表現として伝承されてきた郷土芸能、仮面劇,舞踊を主体とするものは儺舞(なぶ)、演劇性の濃いものは儺戯(なぎ)とよばれ、地域色豊かな仮面劇が各地で大切に受け継がれています。その歴史は極めて古く、“中国舞踊の生きた化石”、“中国のあらゆる芝居の源流”とよばれています。仮面劇の多くは春節や祭りの折、神々への芸能奉納や邪気を払うための儀式として上演されてきました村人達の演じる仮面劇は素朴な味わいに満ち、時にユーモラス時に神秘的。近年は海外でも公演され、その奥深い魅力は世界で大きな反響を巻き起こしていなす。
今回は、歴史の古い仮面劇を持ち、中国政府文化部より「儺舞の郷」と命名されている江西省南豊、そして異色な仮面と演劇性の高さで知られる貴州省
花渓から二つの仮面劇を上演します。


日時: 2006年10月20日(金) ·21日(土)·22日(日)
開演: 20日19:00~ 21:22日15:00~
開場:各回開演20分前 上演時間:約50分
会場:日中友好会館大ホール
出演:江西南豊県水北村筵福和合神隊,貴州花溪布依族地戯隊
演目: [江西]開壇,和合舞.儺公儺婆など
[貴州]単騎千里を走る『三国演義はリ·楊六郎大戦張彤楊家将演義』より
入場料: 300円(定員250名·全席自由)
当日券(400円)は空席がある場合のみ発売
2006年8月10日より前売り開始

公演: 2006年10月20日(金)・21日(土)・ 22日(日)入場料:300円
展覧会: 2006年10月1日(日)-10月22日(日)
入場料:無料
主催:(財)日中友好会館
協力:中国民間文芸家協会·全日本空輸(株) ANA
後援:中華人民共和国文化部、中華人民共和国駐日本国大使館、 (社)日中友好協会、日本国際貿易促進協会
日本中国文化交流協会、日中友好議員連盟、(財)日中経済協会、(社)日中協会、日本華僑華人聯合総会
(特)日中演劇交流話劇人社、(財)日本青少年文化センター

日中友好会館大ホール
日中友好会館美術館

YEAR
2006
GENRE
演劇
SIZE
A4
TASTE
派手
COLOR
COLORFUL

似たテイストのデザイン

草間彌生 わが永遠の魂

女教師(じょきょうし)は二度抱かれた

バーフバリ 王の凱旋

蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢