中國最先端 – CHINESE CUTTING EDGE –

現代都市生活の狂気。
C.H.I池磊(チリ)が表現する中国の今とは?

この度、DIESEL ART GALLERYでは11月17日(金)から2018年2月14日(水)まで、中国出身の写真家、CHI池磊(チリ)の日本初個展「中國最先端-CHINESE CUTTING
EDGE-」を開催いたします。
本展のキュレーションを担当するのは、国内では編集者として時にチェキをメイン機材としたフォトグラファーとして知られる米原康正。中国版Twitterで知られるWeiboで236万人のフォロワーを誇り、国外でも活躍を見せる米原がC.H.I池磊と知り合ったのは2012年、米原の個展を手掛けたキュレーターが北京に作ったギャラリーで行ったCHI池磊の個展に訪れた
ときでした。彼の作品を目の当たリにし、これまで見た事も無いエキセントリックでファッショナブルな表現に、日本では感じた事がない衝撃を受けました。この出会いから5年。米原は中國
最先端のアーティストとしてC.H.I池磊を東京で紹介するチャンスを探していたのです。

本展では、C.H.I池磊の代表作の中から約60点を展示するほか新しい作品も発表いたします。会期中、DIESEL ART GALLERYでは展示作品のほか、関連グッズも販売いたします。

中国アートシーンの今
「中国との高まる緊張」、と伝えられる情報には、街の中で生活する人々の表情、そしてその思いが欠如している。中国人というメディアから流されるひとかたまりのイメージではなく、中国の中の個人を知ることから始めなければならない。それを日々垂れ流される西側諸国からの政治的なプロパガンダから感じることは不可能に近い。「アートにできることとは何か?」作家
が取り囲まれた現実を、作家のフィルターを通して表現すること。そして鑑賞者たちにその現実を感知させること。今回紹介するC.H.I池磊は1996年北京南西にある小都市石家庄でハードコアパンクのバンドを結成し、そのライブのフライヤー製作などから、アーティスト活動を開始した。
その当時の動画で見ることのできる彼の赤いモヒカンは、僕たちの知らない中国の歴史を語ってくれる。そして現在、C.H.I池磊の作るアートワークは多岐に渡り、その分野は広がり続ける。その作品を見ていると、その中に共通するひとつのイメージが湧いてくる。輝く部分が眩しければ眩しいほど、その後ろに伸びる影はその暗さを増すという事実だ。
米原康正

コンセプト
俺!ドロップアウトしたPUNK!ドロップアウトしたあと撮影することにハマり、写真の世界にも音楽の世界同様イカれたやつがいると気づいた。生まれながらに反抗的。オヤジみたいに優秀な共産党員みたいな責任感も持ち合わせてるけどね!ある日、怒りとともにペースをブチ壊してかわりにカメラを手にした。スゲエことをしてアホなやつらに見せつけてやろうと決心した!
さぁ、みなさんこのめちゃくちゃな世界の写真をご覧くださいこの写真、いま俺らが暮らしている社会とアホな奴らにでかい音でビンタを食らわしているような気分なんだ。
C.H.I池磊

会期:2017年11月17日(金) – 2018年2月14日(水)
会場:DIESEL ART GALLERY
キュレーター:米原康正
コーディネイター:CULTURE CLUB ’75
協力:
オフィス・サマサマ
CULTURE CLUB ‘75
富士フイルムイメージングシステムズ株式会社
株式会社アンダースクラッチ 株式会社
株式会社アウトライヤーズ
moc
SETSUZOKU
株式会社HEG

似たテイストのデザイン

Guidance

NOSIGNER REASON BEHIND FORMS

Leftside Boar Yabeyo Shopping Yuan Yuyon Yuyayuyon

アリータ: バトル・エンジェル