ZOKEI賞選抜作品展

漢字のようなモヤモヤしたものがメインビジュアルとして配置され、見る人の疑問や想像力をかきたてるようなフライヤーデザイン。

詳細情報

東京造形大学では、学部生の4年間、大学院生の2年間にわたる研究成果を学内外の多くの方に披露する集大成の場として毎年1月に「ZOKEI展」を開催しています。 本学では「ZOKEI展」に出品された数多くの作品の中から、特に優秀な作品に対して「ZOKEI賞」を授与しています。この度開催いたしますZOKEI賞選抜作品展では「ZOKEI賞」受賞作品からさらに東京造形大学附属美術館が選抜した、デザインから絵画にいたる様々な分野の学生の作品をご紹介いたします。本展は若い作家たちがこれから社会に羽ばたいていくための第一歩でもあります。出展作品を通して、若い表現者たちの制作に対する真摯な姿勢やたゆまぬ努力、そして本学の教育課程で培った確かな造形力を感じていただければ幸いです。

会期:2019年5月16日(木)〜 6月19日(水)
休館日:日曜・祝日休館 ※ただし6月9日(日)【専攻領域説明会】は開館
時間: 10:00 〜 16:30(入館は16:00まで)
会場:東京造形大学附属美術館
主催:東京造形大学附属美術館

似たテイストのデザイン

キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism

ビーマイベイビー 信藤三雄レトロスペクティブ

大竹伸朗 ニューシャネル

組版造形 白井敬尚