ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

夢のような至福の時間
スクリーンを見つめる全ての観客は
このまま映画が終わらぬことを祈るであろう

映画『ブエナ·ビスタ·ソシアル·クラブ」ことの次第
20年来の友人であり、「パリ、テキサス」、そして『エンド·オブ·バイオレンス!で見事なコラボレーションをみせてきた監督·ヴ亻ム ヴェンダースとUSロック界の異端ギタリスト、ライ·クーダー,キューバ音楽に魅せられた二人は、感動の音楽フィルムブエナ·ビスタ·ソシアル·クラブ」を完成させた。ライ·クーダーが敬愛するキューバ音楽界の古老たちとともに創り上げたアルバム「ブエナ·ビスタ·ソシアル·クラブ」は、世界中で100万枚以上のヒットをとばし、97年のグラミー賞を受賞した「初めて耳にした瞬間から、素晴らしい音楽だと思った」と語るヴェンダースは98年ライ·クーダーと共に撮影クルーを伴ってキューバを訪れる。ヴェンダースは、ハバナのエレガントな街並み、アムステルダムでの名高いコンサート、さらにニューヨークの輝かしいカーネギーホールでの歴史的ステージも加えて、アノレバム「ブエナ·ビスタ·ソシアルクラブ」に参加したキューバ·ミュージシャンたちのセクシーな音楽と彼らの人生の哀歓をフィルムに収めた。

音楽の女神に愛された奇跡のミュージシャンたち
そのセクシーな音楽は世界中を虜にした!!

母の形見である黒檀のステッキについて思いを語る72歳のシンガー、イプライム·フェレール その天才的な昔染性と同様に、現実離れしたカに溢れるコンパイ·セグンドは92歳にして「6人目の子作りに励んでいるところさ 」と笑っている、伝説的なピアニストでありながら、引退して家にピアノさえなかったというルベーン·ゴンサレス。彼女をヒロインにして映画を撮りたいとヴェンダースにいわしめるオマーラポルトゥンド。音楽の女神に愛された彼らの人生は、熟成されたキューバ音楽の美しいアンサンブルを生み出し、セクシーな歌声とともに、世界中を魅了していく。

チェ·ゲバラ、ヘミングウェイが愛してやまないキューバ
そこには、豊かな文化と色彩、忘れられたノスタルジーがあった

キューバは独自の文化と風土を守ってきた。映画でも度々、登場するアバナビエハ(ハバナ旧市街)は、その美しい姿を残すため世界遺産に認定されている。「チャン·チャン」のメロディーとリズムが流れる中、ハバナの海岸とベルベットのような黄金に包まれた街並みがあらわれる。目に飛び込んでくるヴィンテージ車の鮮やかなキャンディ·カラー、ラクダ型をしたピンクのバス…。それらが一体になった時、かつてそこで展開されていたであろう官能の世界のきらめきが残像として蘇ってくるマンボとサルサを生んだ、タイムレスな音楽 映像と音楽が一体になった時時を超えて、私達の目の前に、チェ·ゲバラ、ヘミングウェイが愛してやまなかったキューバが映し出される。そして、映画『ブエナ·ビスタ·ソシアルクラブは99年夏 ドイツ パリ ミラノ ロンドン ニュヨークァッション界や観光でもキューバに注目が集きリ、世界中でキューバブームを巻き起こしている。

監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ヴィム・ヴェンダース
製作:ヴィム・ヴェンダース、ジェリー・ボーイズ
製作総指揮:ニック・ゴールド
公開日:2000年1月15日(日本)

提供:日活/バップ
後援:キューバ共和国大使館
協賛:renoma
宣伝協力:アーティストフィルム
配給:日活

YEAR
1999
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
シンプル
COLOR
GREEN

似たテイストのデザイン

原田郁子 気配と余韻

山本基 しろきもりへ

レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」

「ランデヴー」展 Rendez-vous Project