HURRY GO ROUND

最後の楽曲「HURRY GO ROUND」に秘められたメッセージとは?
hide初心者-矢本悠馬がhideの真実に迫るドキュメンタリー

1998年5月2日hide永眠(享年33歳)
それは、突然の訃報だった。hideという存在はどれほどまでに大きかったのだろう。東京·築地本願寺にはおよそ5万人のファンが押し寄せ、急に訪れた永遠の別れを受け入れられず、泣き崩れ、絶叫する人々が後を絶たなかった。あれから、20年..。神奈川県三浦市にあるhideの墓は綺麗に掃除され、沢山の花に囲まれている。ファンの想いは20年経った今でも色褪せていない。:そこに一人の俳優が墓参りに訪れる。「亡くなってから20年経っている墓には到底思えない」。そう呟いたのは俳優·矢本悠馬。「hideの印象は?」と聞くと…「当時ニュースで人気のあったミュージシャンが亡くなったというのを何となく覚えているぐらいですかね」。それもそのはず、矢本は現在27歳. hideが亡くなった1998年当時は小学1年生。もちろん、hideという名前は知っているし、楽曲も数曲知ってはいるが、ファンからするとhide初心者に間違いない。そんな矢本が気になったのは、墓石に刻まれている事実上最期の楽曲とされる「HURRY GO ROUND」の歌詞。その文字を追うと、輪廻転生を表現する言葉にも見て取れる。hideはどうやって生きて、どうして亡くなってしまったのだろう。その心を胸に矢本悠馬のhideを知るドキュメンタリーはスタートする。hideが生まれ育った横須賀を訪れ、若きhideに触れ、保管されている大量の映像を片っ端から観まくる。hideの印象を折り紙1枚1枚に記すにつれ、矢本はhideという存在に魅了されていく。ある日、矢本はhideが亡くなる直前のスケジュールを手に入れると、亡くなる3ヶ月前に過ごしていたのはアメリカ·ロサンゼルスであったことを知る。しかしそのスケジュールに詳細は一切書かれていない…。そこにヒントがあると確信した矢本は渡米し、当時の足跡を追うことに。生前のhideは何を思い、どのように過ごしていたのか?ロサンゼルスから帰国後、矢本は、亡くなる直前hideと対峙した人々に話を聞く。hideをよく知る人々が涙ながらに語る「亡くなる数時間前の後悔」とは?全ての鍵が揃い、今、「HURRY GO ROUND」という謎の扉が開かれる。そこにはhideが語ることの無かったメッセージが存在している。

監督:石川 智徹
ナビゲーター:矢本 悠馬
出演:YOSHIKI / I.N.A. / 山崎洋一郎(ロッキング・オン・ジャパン編集長)/ERIC WESTFALL(ロサンゼルス・レコーディングエンジニア)/ 松本裕士(株式会社ヘッドワックスオーガナイゼーション) 他
主題歌:「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」(UNIVERSAL J)
Ⓒ2018 「HURRY GO ROUND」製作委員会  配給:KADOKAWA  企画・製作:UNIVERSAL CONNECT

YEAR
2018
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
スタイリッシュ
COLOR
PINK

似たテイストのデザイン

ISOLATED AUDIO PLAYERS 1 RELEASE PARTY

崔洋一の世界

演劇フライヤーコレクション展

Guidance