女教師(じょきょうし)は二度抱かれた

いろいろななにかを手に入れるうちに、いろいろななにかを見失っていたように思う。
大きな公演をやるたびに、ボクは。
演劇を始めた頃、確かに手にしていたなにかが、知らず知らずのうちに手から滑り落ちていたんじゃなかろうか。
それを小さな劇場でとりもどすのは簡単だ。
コクーンという渋谷の大劇場で、東急というバックボーンもふまえつつ、「演劇」を描く演劇で、ボクは失ったなにかを手にとり直したいと思っている。
まばゆいばかりの出演者を前にボクの考えなど、うっとおしいかもしれませんが、今、書け、と訁われて、書くことがこれしかないので、すいません。
それじゃあ、劇を始めます。よろしくお願いいたします。
松尾スズキ

「キレイ」「ニンゲン御破産」に続き待望の新作。
【STORY】
演劇界の風雲児と呼ばれる劇団の演出家は、歌舞伎界の異端児と注目されている女形とタッグを組み、
新しい現代の歌舞伎を創造しようと、威勢よく狼煙を上げている。そんな前途洋々の彼の前に、高校時代の演劇部の顧問である女教師が突然現れる…。これは、壊そうと思っても壊れないものと、壊れてほしくないのに壊れていくものの物語である。

公演日程:2008年8月4日(月)~8月27日(水)
会場:Bunkamuraシアターコクーン
作・演出:松尾スズキ
出演:市川染五郎、大竹しのぶ、阿部サダヲ、市川実和子、荒川良々、池津祥子、皆川猿時、村杉蝉之介、宍戸美和公、平岩紙、星野源、少路勇介、菅原永二、ノゾエ征爾、浅野和之、松尾スズキ

YEAR
2008
GENRE
演劇
SIZE
A4
TASTE
イラストポップ派手
COLOR
COLORFUL

似たテイストのデザイン

ピンクリボン

うたの記憶と出会うとき クレオール・ニッポンの旅先から

リキテンスタイン 版画の宇宙展 1948-1977

大正九年 モンドダイヤ