青木克憲XX展

ギンザ·グラフィックギャラリー第226回企画展
青木克憲XX展

青木克憲という希代の職人がやろうとしていることは、
自分の踊る場所を、自分の舟で探しにでる冒険なのです。
いままでに磨いてきた腕を、知恵を頭を、そこに注入して
「アートディレクターの活躍できる新しい大陸」に踏み込もうとしているようなのです。
おもしろいでしょう? たのしみでわくわくするでしょう?
ぼくは言いたいんですよ。
「青木さんの、この動きそのものが、デザインってやつなのだ!」ってね。
天才バカボンのパパのように、天を指さして言いたいです。
「これでいいのだ!」と。
糸井重里

会期:2005年03月03日(木)~03月28日(月)

会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー

似たテイストのデザイン

野口哲哉 「~中世より愛をこめて~ From Medieval with Love」

SEX アナベル・チョンのこと

河野鷹思のグラフィック・デザイン

水野暁ーリアリティの在りか