三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

三沢厚彦(1961- )は、2000年からクスノキから彫り出した動物シリーズ「アニマルズ」の制作を始めました。現在は神奈川県内のアトリエで制作を行っています。ネコやイヌなど身近な小型の動物からサイやシロクマといった大型動物、そしてユニコーンをはじめとする空想上の動物まで、様々な動物をほぼ原寸大で彫りだして彩色した作品は、圧倒的な存在感をもって迫ってきます。これら作品は非再現的な独自の動物表現により新たなリアリティを提示するとともに、見る者の記憶やイメージを喚起し創造的な鑑賞へと導きます。 白を基調とする横須賀美術館の空間に新作を含む彫刻と絵画、ドローイングを展示する本展は、三沢作品の魅力をあらためて体験する貴重な機会となることでしょう。

会期:2018年6月30日(土)~9月2日(日)
場所:横須賀美術館
主催:横須賀美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会
協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網
協力:西村画廊、、アニマルハウス、山口製材株式会社、杉本博司

YEAR
2018
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
ポップ
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

ラン・ローラ・ラン

トリノデザイン展 Ciao! TORINO チャオ!トリノ

2016.10.9 土偶の日制定へ

Smells Like Rainbow 中山ダイスケ展