憧れの山々 山を愛し、山を描く

古代より「山々」は聖域として仰ぎ見られ、近代になると憩いの空間ともなりました。
この展覧会では、山岳風景画の幅広い世界をご覧いただきます屋外写生を通じて新しい風景表現を開拓した明治の洋画家たちにとって、山々は大切な画題でした。近代風景版画の世界でも山々は頻繁に描かれます。もちろん、風景画の普及に大きな役割を果たした水彩画も見のがせません 山そのものばかりでなく登山者の姿や高山植物酢も、山岳風景画を語るうえで重要な存在です そのほか、我国最初の登山家であり文筆家でもあった小島烏水らの業績を紹介いたします。先人の作品を通じ、自然を愛し育む心をくみとっていただければ幸いです。

開催場所:町田市立国際版画美術館

YEAR
2001
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
BLUE

似たテイストのデザイン

恋は雨上がりのように

村田朋泰展 俺の路・東京モンタージュ

スウィート ヒアアフター

The Power Of Art Direction! Kashiwa Sato 佐藤可士和