タイルとホコラとツーリズム season5 《山へ、川へ。》

2014年、京都の街中に多く点在するホコラの生態系に着目したリサーチを出発点に、ゆるやかなユニットとしてプロジェクト「タイルとホコラとツーリズム」に取り組む二人の美術家。
「タイル」と「ホコラ」と「ツーリズム」を きっかけにはじ1まる二人の旅は、いつもそれぞれ異なる注目・興味にたどり看いては、その「眼差し」を土産とLて持ち帰り、並ベ・見せ合い・話し合い・思い出したりしてきた。 2015年の「season2 《こちら地蔵本準備室》」では地蔵本の出版を目標に様々な資料・文献を集め、2016年の「season3《白川道中膝栗毛》」では書籍『北白川こども風土記』に導かれ、仔馬とともに白川街道を京都から大津ヘキャラヴァンした。さらに2017年の「season4《一路漫風!》」では、対馬・沖縄・台湾・済州島など、隣国との境界的な島々を巡りながら、ホコラを通じて各地の土着信仰を見つめてきた。
かれこれ4年に渡る活動を経て、二人の視線の先に現れてきたのは素朴な「石」だった。自然の力によって流され、転がっていく石。人の手によって加工され、生活に用いられる石。ときには願掛けとして運ばれたり、積み上げられたりする石。お地蔵様や道祖神の多くは石に彫られ、自然石や積まれた石がそのまま依り代とされる例も多い。

山へ、川へ。それぞれのフィールドにくりだした二人は、5年目となる今回、「石」への「眼差し」を持ち帰り、山と川に見立てたギャラリー・パルクで重ね合わせ、其処にツーリズムを出現させる。

会期中の8月25日には関連イベントとLて、「season3《白川遵中膝栗毛》」にて巡り合った京都・山中町の「重ね石」を再び訪れる路線バスツアー「川から山へ|山中町・重ね石再訪」や、5年におよぷ活動を織り込んだ谷本筆による『参詣曼荼羅』の絵解き付きサンセットBBQ「屋上ホコラ盆」を開催します。

開催日:2018年08月17日 11:00~2018年09月02日 19:00
会場:Gallery PARC
会場住所:京都市中京区烏帽子屋町502 2F / 3F / 4F 地図
地域:京阪神 / 京都

似たテイストのデザイン

中村至男展

グラフィックトライアル2018-Passion-

三沢厚彦 ANIMALS IN YOKOSUKA

ビッグ・リボウスキ