ヴェルクマイスター・ハーモニー

WERCKMEISTER HARMONIAK
世界の彼方から響いてくる”悪夢”
光と影が交わるように現れ、消えていくクジラ
そして、無限に広がる宇宙。
名前もいつの時代かもわからない、ハンガリーの田舎町。
その不気味な日常に不穏な「石」が投げ込まれる。それは町の広場に忽然と現れた。移動サーカスと見せ物の”クジラ”、広場に響く”プリンス”と名乗る煽動者の声。彼らはどこから来てどこへ行くのか。煽られるように広場に群がる住人達、そして町中の何かが歪み出す。住人達の興奮は最高潮に達し,破壊とバイオレンスへと向かい始める…。

体感せよ!!世界の周縁から忽然と出現したパンク!ロック!な寓話漆黒の闇のような映像、未知のスペクタクルを体感させるカメラワーク2時間25分という上映時間にたった37カット。その時間という概念を無視するような長回しのショットは、永遠に宇宙の闇の中で輝く太陽のようだ観る者を「世界の終わりへと誘う、謎めいた迷宮」。燃え上がる炎のようにイマジネーションをかき立て、無限に広がる物語に今、私たちは立ち会う。
ヴルヅヴォイス紙が選ぶ”2001年のベスト·デレクターに味ランド·ドライブ1のデイヴットリンチ、花様年華のウォン·カーウァイそしてヴェルクマイスターハーモニーとタル・ベーラが選出!

ジム ジャーム ソシュガスヴァン·サントが驚嘆したハンガリーの”映画魔術師”タル・ベーラ。
モノクロ-7時間半の大作「サタンタンゴ」(1994)で世界を震撼させた、ハンガリーの鬼才タル・ベーラ。ヨーロッパで唯一、アジア系民族の血を引くマジャーリ人。東ヨーロッパとロシア、アジアに挟まれ古代から様々な文化が衝突する神秘の国、ハンガリーに生まれおちた「幻の映画作家」。2001年秋には、ニーヨーク近代美術館(MOMA)で特集上映が行われた。これまで以上の驚きに満ちた最新作が初めて、そのベールを脱ぐ。

製作年:2000年
製作国:ハンガリー・ドイツ・フランス
日本公開:6月29日
(ユーロスペース)
上映時間:2時間25分
配給:ビターズ・エンドモノクロ/ドルビーSR

YEAR
2000
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
シュール
COLOR
GRAY

似たテイストのデザイン

贅沢な骨

建築ワークショップ奈良2010参加学生募集

鈴木康広 始まりの庭

ADC展 2016