吉原治良展

赤色と墨のみで描かれた絵に呼応するように、文字色が赤色と墨のみで構成されている。絵と同じく要素を絞り込んだミニマリズムを感じるフライヤーデザイン。

詳細情報

約半世紀にわたり、常に新しい絵画を求めて前衛美術のパイオニアでありつづけた画家、吉原治良(よしはら・じろう 1905-1972)。海外でも評価の高い「具体美術協会」のリーダーとして知られる彼ですが、関西を本拠地としていたためか、これまで東京ではその全貌に触れることができませんでした。本展は東京で初めての大回顧展となります。
 1905年、大阪・淀屋橋南詰に生まれた吉原治良は、独学で油絵を学び、1928年の初個展で「魚の画家」として注目を集めます。その後、藤田嗣治との出会いを通じてオリジナリティーの重要性に開眼した彼は、白昼夢のような海辺の風景を描き、さらに抽象絵画への探求へと進みました。
 戦後は人間像から再出発しますが、1950年代には激しい筆致と絵具の物質性を活かした抽象絵画を次第に描くようになります。1954年の具体美術協会結成後は、「他人の真似をするな」という信念で若い芸術家たちを導く一方、自らは単純にして多様な「円」の表現へと到達しました。
 生誕100年を記念した今回の大回顧展では、戦前・戦後の主要展覧会に出品された代表作を中心に、最初期の作品やこれまでほとんど見る機会のなかった戦時中の素描などをあわせ、約190点の作品でその多彩な創造の全貌に迫ります。

主催:東京都近代美術館、朝日新聞社

YEAR
2006
GENRE
デザイン・アート
SIZE
TASTE
シンプル
COLOR
BLACKRED

似たテイストのデザイン

地下謎への招待状2018

絵とコトバ 三人展

青木克憲XX展

全員巨匠!フィリップス·コレクション展