バロン吉元元年
バロン吉元元年

画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

2020年現在80歳を迎えたバロン吉元さんの個展。柔侠伝シリーズなどで有名な劇画漫画家です。トーク・イベントにはジブリの鈴木敏夫さんや漫画家の寺田克也さんらが登壇。

画業還暦、それは再び「環」を描きだす新たな幕開け。

1595年のデビュー以降、1960年代から70年代にかけて劇画ブームの第一線で人気漫画家として活躍したバロン吉元。『週刊漫画アクション』に10年に渡り連載された代表作「柔俠伝」シリーズをはじめ、「どん亀野郎」「黒い鷲」「殴り屋」など数多くの作品を発表。

しかし人気絶頂の最中、全ての連載を終了し突如渡米。帰国後はバロンの名を伏せ、絵画制作への挑戦を開始した……

バロンの夢は、天空を舞い、さらに新境地へと飛び翔ける——

大作に挑み続け、迎える画業「還」暦の年。無限(エンドレス)記念祭(アニバーサリー)の始まりだ。

「バロン吉元☆元年」画俠のめくるめく激烈の歩みを、さぁ!共に祝い、追いかけよう!

詳細情報

会期:2019年1月3日(木)〜2019年3月31日(日)
会場:弥生美術館

チラシデザイン:エ☆ミリー吉本(バロン・プロ)

似たテイストのデザイン

メスキータ展 3

山名文夫の世界 曲線のモダンガール

D&AD Awards 2016

武田秀雄展