ブレードランナー2049

革命的SF映画『ブレードランナー』が、新たなる〈奇跡〉を起こす。
今、人間と人造人間《レプリカント》その境界線が崩れ去ろうとしている
2049年貧困と病気が蔓延するカリフォルニア。
人間と見分けのつかない《レプリカント》が労働力として製造され、人間社会と危うい共存関係を保っていた。
危険な《レプリカント》を取り締まる捜査官は《ブレードランナー》と呼ばれ、2つの社会の均衡と秩序を守っていた-。
LA市警のブレードランナー”K”(R·ゴズリング)は、ある事件の捜査中に、《レプリカント》開発に力を注ぐウォレス社の【巨大な陰謀を知ると共に、その闇を暴く鍵となる男にたどり着く。彼は、かつて優秀なブレードランナーとして活躍していたが、ある女性レプリカントと共に忽然と姿を消し、30年間行方不明になっていた男、デッカード(H·フォード)だった。
いったい彼は何を知ってしまったのか?デッカードが命をかけて守り続けてきた〈秘密〉人間と《レプリカント》、2つの世界の秩序を崩壊させ人類存亡に関わる〈真実〉が今、明かされようとしている。

10.27知る覚悟はあるか

人間と《レプリカント》を分けるものは何か?本当の”人間らしさ”とは何なのか?この、永遠かつ壮大なテーマに挑んだ一流のスタッフ&キャストたち!
映画史に残るラストシーンに、その答えがある

製作総指揮:リドリー·スコット『エイリアン:コヴェナント』
監督:ドゥニ·ヴィルヌーヴ『メッセージ』
出演:ライアン.ゴズリング『ラ·ラ·ランド』ハリソン·フォード『スター·ウォーズ/フォースの覚醒』
キャラクター原案:フィリップ·K·ディック「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」
原案:ハンプトン·ファンチャー 脚本:ハンプトンファンチャーandマイケル·グリーン
2017年/原題:Blade Runner 2049
配給:ソニー·ピクチャーズエンタテインメント

YEAR
2017
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
ダーク
COLOR
BLACK

似たテイストのデザイン

ルオーと風景 パリ、自然、詩情のヴィジョン

加山又造 加山哲也「受け継がれゆく日本の美」

鉄道芸術祭VOL.7

時の旅人たち 1980年以降の美術