TWO LONE SWORDSMEN

アンドリュー・ウェザオールとキース・テニスウッドによる双頭ユニット
トゥー·ローン・スウォーズメンまさかのバント編成で急遽来日!!

LIVE:
TWO LONE SWORDSMEN
RADIOACTIVE MAN
DJ: ANDREW WEATHERALL
KENJI TAKI
(CRUE-L RECORDS)

自身の感性の赴くままに音を嗅ぎ分け、それが結果時代を象徴するサウンドへと変貌を遂げてきた(プライマル·スクリームを一躍UKのトップ·バンドへと押し上げたシングル「Loaded」~アルバムScreamadelicaのプロデュース、また現在のニューウェイヴ·リバイバルの布石となったV.A.『Nineo’clock Drop.の編集等々)、希代の、そして最も信頼のおけるDJ/プロデューサー アンドリュー·ウェザオール。彼がなんとヴォーカルを披露しキース·テニスウッドがギターとベースを手に取る。ロックンロ-ル/サイコビリー/ダブ/エレクトロニクスが交差する、暗黒の礼拝堂へようこそ!!

2004.11 . 2 (TUE·祝前日)
西麻布SPACE LAB YELLOW
OPEN/START 22:00
前売¥4,000 /当日¥5,000
先行予約:9/24(FRI)~http://www.beatink.com
TICKET:10/2 [SAT] ON SALE!

YEAR
2006
GENRE
イベント音楽
SIZE
A5
TASTE
ダーク
COLOR
BLACK

似たテイストのデザイン

加山又造 加山哲也「受け継がれゆく日本の美」

殺し屋1

崔洋一の世界

アンチポルノ