カルティエ現代美術財団コレクション展

タイポグラフィが全面にでたデザイン。文字の隙間から見える作品にもチラ見せ効果で目が行く。
フォントの選びや、色使いがエレガントでカルティエ感あり。

詳細情報

カルティエ現代美術財団(パリ)の世界で初めての大規模なコレクション展を、東京都現代美術館で開催することになリました。主に注文制作の展示·収集をとおして、同財団は20年にわたり、日本をはじめ様々な国で活躍する作家をヨーロッパで紹介してきました。本展では、30名余りの作家による、絵画や彫刻、写真、映像、デザイン、そして大型のインスタレーションが、企画展示室の全フロアで展開されます。ファンタジーや驚き、そして親密さなどを特色とするコレクションとの出会いは、様々な教育プログラムをとおして、一層多彩なものになることでしょう。


The Fondation Cartier pour l’art contemporain presents its collection for the very first time in a major exhibitionat the MOT(Museum of Contemporary Art, Tokyo). This exhibition brings together major works by over 30internationally renowned artists from around the world.This collection provides a surprising perspective on contemporary art, encompassing painting, sculpture, film andvideo, installation art and design. Three major leitmotivs run through the exhibition-the fantastical, the astoundingand the intimate – in a presentation that invites the visitor to explore the unexpected beauty of the contemporarySince its creation in 1984, the Fondation Cartier has demonstrated a commitment to contemporary artiststhroughout their careers by special commissions and the production of new works. Throughout its history, theFondation Cartier has been instrumental in the discovery of Japanese artists in France and in EuropeThis is one of the major reasons why the Fondation Cartier has chosen the city of Tokyo for the unveiling of themost spectacular works of its collection.Reaching out to the general public as well as art world specialists, this exhibition confirms Cartier’s commitmentto contemporary art, demonstrating its role as a major patron of the arts and as an important interlocutorbetween artists and the public.

会期:2006年4月22日(土)-7月2日(日)
会場:東京都現代美術館 企画展示室 全フロア
主催 :財団法人 東京都歴史文化財団 東京都現代美術館、日本経済新聞社、カルティエ現代美術財団
特別協力:カルティエ
特別協賛:ビー・エム・タブリュー株式会社
後援:フランス大使館
協賛:株式会社 山元、SUNデザイン研究所
協力:EPSON、エールフランス航空、ホテル西洋 銀座
教育プログラム協力:アメリカン・エキスプレス財団

似たテイストのデザイン

没後150年 坂本龍馬

ルーベンス展―バロックの誕生

岐阜県美術館所蔵 「ルドンとその周辺-夢見る世紀

大竹伸朗 ニューシャネル