人形の家2

近代演劇の父、ヘンリク・イプセンが「女性の自立」について大きく問題提起をした近代古典の名作「人形の家」。本作は、ノラと家族のその後”を大胆な発想と斬新な構成で描いた、新進気鋭の劇作家ルーカス・ナスによる新作戯曲。2017年に発表後、瞬く間に評判となり、ブロードウェイに駆け上がるや、「トニー賞(2017)」作品賞他8部門ノミネート。
「人形の家』発表当時とは価値観も全く異なる現代社会にも鋭いテーマを突きつけた話
題作。サスペンスとコメディが同居し、『人形の家』を知らない人も楽しめる人間ドラマを実力派俳優を迎え、「第26回読売演劇大賞」大賞に輝いた栗山民也の演出で本邦初演!

美術:伊藤雅子  照明:服部 基  衣裳:前田文子
音楽:国広和毅  音響:井上正弘  ヘアメイク:鎌田直樹
演出助手:石内詠子 舞台監督:田中政秀
宣伝美術:有山達也 宣伝写真:戒 康友 宣伝:る・ひまわり
プロデューサー:佐藤 玄 制作:冨士田卓 製作:井上 肇
企画・製作:株式会社パルコ

YEAR
2019
GENRE
演劇
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
GRAY

似たテイストのデザイン

LA CHINOISE

酒井抱一と江戸琳派の全貌

ルノワール 伝統と革新

恋は雨上がりのように