パプリカ

今敏×筒井康隆×マッドハウスによって誕生したケレン味たっぷりの「パプリカ」に、世界が熱狂!

「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」で数々の国際映画賞を制し、日本アニメ界の新世代を代表するクリエイターとして一躍最前線に躍り出た今 敏監督。彼が日本文学界の巨匠・筒井康隆原作の傑作SF小説を、クオリティ映像で国際的評価も高いアニメ制作集団マッドハウスと組んで映画化した待望の最新作が「パプリカ」だ。製作発表以来、世界の映画人&アニメ・ファンの熱い期待を集めてきた本作は、2006年ヴェネチア国際映画祭のコンペ部門で、日本アニメとしては「ハウルの動く城」以来2度目の出品作に選ばれる快挙を達成! コンペ出品作中、チケットが完売したのは唯一のアニメ作品となった本作だけ! 上映後には5分間も拍手が鳴り止まず、世界の映画人から絶賛の嵐を浴びた。既に米国、フランス、イタリア、スペイン、カナダでの公開も決まっており、全世界に「パプリカ」ムーヴメントが巻き起ころうとしている!

夢のテロリストに立ち向かう夢探偵パプリカの活躍を描く本格サイコサスペンス!!

精神医療研究所で開発された“DCミニ”は、他人の夢を共有できる画期的テクノロジー。そのDCミニが何者かに盗まれた!その日から、一人また一人と、研究所の関係者たちが奇怪な夢を見るようになり、精神を侵されてゆく。謎の解明に立ち上がったのは若く美しいセラピスト、千葉敦子。彼女には、極秘のセラピーを行う時に使う、もうひとつの顔がある。それが夢探偵パプリカだ。パプリカとしてクライアントの眠りの中に姿を現す時、彼女は容貌も性格も一変し、キュートで開放的な少女となって、迷える心を導くのである。“夢のテロリスト”のたくらみを暴くため、パプリカは狂ったイメージが氾濫する夢の中へと飛び込んでいく! だが彼女を待っていたのは、ぞっとするようなおぞましい罠だった……。やがて物語は驚くべき結末へと突き進んでいく!!

平沢 進の音楽にのって、驚愕の映像マジックがスクリーンで展開!

ヴィジュアルの面白さや奇抜さを狙った仕掛けの派手な演出を、演劇、特に歌舞伎の世界ではケレンと呼ぶが、本作はまさしくケレン味たっぷりの映像表現に一瞬たりとも目が離せない。特にファンタジックでハイパーリアルな夢のシーンは大きな見せ場。様々な玩具や電化製品、郵便ポスト、鳥居、自由の女神までが練り歩く狂乱のパレードは圧倒的スペクタクルとなっている。また、中国娘、孫悟空、ティンカーベルと次々に衣装を変えていくヒロインの七変化も圧巻だ。キッチュで創りこまれた音楽とともに目に耳に焼きついて離れない、超パワフルな映像体験がここにある。映像化不可能と言われた原作に命を吹き込んだのは、日本アニメ界最高レベルのスタッフたち。キャラクター・デザインおよび作画監督は「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」の安藤雅司。音楽は今作品には欠かせないテクノ界の巨匠・平沢 進。またヴォイス・キャストには、「新世紀エヴァンゲリオン」「ポケットモンスター」の林原めぐみ、「機動戦士ガンダム」の古谷 徹、新劇界の重鎮・江守 徹といった強力メンバーが起用されている。

YEAR
2006
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
イラスト
COLOR
BROWN

似たテイストのデザイン

メスキータ展 1

画業60年還暦祭 バロン吉元☆元年

武田秀雄展

青空