Graphic Wave 2004 工藤青石×GRAPH×生意気

2004年に銀座グラフィックギャラリーで行われた三人展のフライヤー。
コピーライターの東秀紀さんの紹介文が面白い。
このメンバーのデザインってかなりアート寄りなのかなと思わせる内容。
時代性もあるのかもしれません。

東秀紀さんによる紹介文

こいつら、小学生以下だ。
こいつらのやっていることを見ると、なんかアタマくる。
ムカつくわけじゃないんだけど。
だいたいさ、アオシとか、イッセイとか、名前からしてナマイキ(うまいっ)。
たとえば、小学一年生くらいにみんな、1+1=2といった算数を習うじゃないですか。
こいつら、それ、習ってない!意識的に、習ったふりしてたか、いや、習ってない。
だから小学生以下。1+ 1が3になることもあるとか、そんなむずかしい話をしているんじゃなくて。書いたそのまんま。

こいつらキリンさんとかゾウさんを創っている。そんで、そのキリンさんとかゾウさんを動物園に入れるんじゃなくて、みんながいる町の中を歩かせたいと思っているんじゃないか。

東秀紀(コピーライター)

似たテイストのデザイン

エンプティ・ガーデン展

金沢健一 音のかけら展

贅沢な骨

君の名前で僕を呼んで