没後20年 特別展 星野道夫の旅

「目に見えるものに価値を置く社会と、見えないものに価値を置くことができる社会の違いをぼくは思った。そしてたまらなく後者の思想に魅かれるのだった。
夜の闇の中で、姿の見えぬ生命の気配が、より根源的であるように。『森と氷河と鯨』(世界文化社)より

1978年にアラスカに移り住み、20年近くにわたり極北紀行を重ねた星野道夫(1952〜1996)。大自然が見せる多様な姿をカメラで追い続けると同時に、言葉により思索を深めた星野が残した仕事は、今日まで多くの人々を魅了し、変遷する自然と文明の関係を問いかけ、現代に生きるとは何かを改めて考えさせます。
本展では、ありのままの自然の姿が写し取られた「マスターピース」から、過酷な環境下で脈化続く「生命のつながり」、極北に暮らす人々の精神性が見出された「神話の世界」まで、星野の写真と言葉による物語の世界が展示空間に立ち現れます。加えて、現地の取材で使用されたカメラやカヤック、貴重な記録映像や自筆原稿などの資料を展示し、星野が伝えたかった極北の世界へとみなさまを誘います。

主催:朝日新聞社
特別協力:星野道夫事務所
協力:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社

YEAR
2018
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

ミラノ展 ダ・ヴィンチがやってくる

旅のシンフォニー パウル クレー展

バトル・オブ・ザ・セクシーズ

アイ・チョー・クリスティン 霊性と寓意