佐野研二郎 ギンザ・サローネ

ギンザ·グラフィック·ギャラリーでは、9月企画<佐野研二郎展ギンザ·サローネ>を開催いたします。本質をつかみ、的確に抽出された最小限の要素だけで構成される簡潔な表現。どこか人をホッとさせたり、和ませたりするユーモアが見え隠れするアートディレクションの数々。
今もっとも”旬”な広告クリエイター、佐野研二郎の登場です。今回の展覧会は、「ギンザ·サローネ」と題し、1階では、グラフィックからプロダクトまで様々なかたちのコミュニケーションを提案する新作を、実際の商品化を目的としてプレゼンテーションします。「デザインは造形を誕生させることが目的ではなく、プロセス自体をデザインすべきだ」という、佐野独自のデザイン論を検証します。また、地階では、今までのポスター、キャラクター、TVCM、グッズ、CDジャケットなどを多数ご紹介いたします。まさに、必見の展覧会です。

佐野研二郎の根底には、時代とかトレンドとかファッションとか、一切のそういうものに関係なく、純粋に人が喜ぶこと、嬉しい、幸せだと感じることをやりたいという想いが流れているのだ。その一点の曇りもないピュアでポジティブな想いが、自然とデザインにもにじみ出ているところが、多くの人が彼の作品に惹き付けられる由縁だろう。
佐藤可士和

会期:2007/03/04:-09 29:
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
開館時間/11:00am-7:00pm(土曜日は6:00pmまで)
休館/日·祝日
入場無料
地下鉄銀座駅徒歩5分

YEAR
2007
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

カンディンスキー展

ブラス!

ミラノ展 ダ・ヴィンチがやってくる

佐野研二郎展_ボツ