東京タワーの赤い鎖 怨念の地下屋敷

屋敷を 彷徨う、人斬りの亡霊

かつてこの場所には、古い屋敷がありました。
屋敷には牢屋があり、332人の人斬りを繰り返していた1人の侍が鎖で繋がれたといいます。侍は許しを請いましたが、ひと夏の間拷問を受けたのち、息絶えてしまいました。しかし誰もいなくなったはずの牢屋から、夜な夜な恐ろしい音が聞こえたといいます。鎖を引きちぎろうとする鈍い音。助けを求めるうめき声。
侍の復讐を恐れた人々は、屋敷を取り壊しました。それから時が経ち、2018年の夏跡地に東京タワーがそびえて60年目の夏を迎えました。高さ333m。
侍の怨念を封印する為なのか..定かではありません。
最近、地下から妙な音がすると噂されています。
ガシッ..ガシッ..。
その音があなたの背後から響いたとき、侍の声が聞こえるはずです。
「あとひとり…」

開催場所:東京タワー地下 1 階タワーホール
開催日程:2018 年 7 月 14 日(土)~ 9 月 2 日(日)
営業時間:12:00~21:00
松竹株式会社 事業部事業推進室

YEAR
2018
GENRE
イベント
SIZE
A4
TASTE
ダーク
COLOR
BLACK

似たテイストのデザイン

鉄道芸術祭VOL.7

GLASS EXPRESSION 卯辰山からのアーティスト達

加山又造 加山哲也「受け継がれゆく日本の美」

戦国自衛隊1549