NemoWV1《主よ、根本は逃げ出した》

基本、逃げ続ける人生である。
指揮をしているが、オーケストラで《運命》や《第九》 を振るわけでもなく、オペラ劇場のスタジオに籠もる日々。
作曲も独学で、 現代音楽にはほぼ背中を向けて我が道を歩んでいる。
チェンバロも、これまでほとんど通奏低音(≒伴奏) 専門でやってきた。
そんな私がリサイタルである。
しかも、バッハである。
《ゴルトベルク変奏曲》や《イタリア協奏曲》 のような有名曲を取り上げては、 ごまんといるチェンバロ奏者たちに申し訳ない。
名作にもかかわらず、誰も手を出そうとしない《フーガの技法》 こそ、私の生き方にふさわしい。
たった一つのテーマから湧き出づる、ありとあらゆる可能性の泉。
恐ろしく理智的で複雑な構造にもかかわらず、 名人芸はどこにもない。
奏者の脳で荒れ狂うアドレナリンの大量放出を、 聴き手は知らない。

救いようがない、この完璧な、報われなさ。

主よ、根本は(興奮のあまり)逃げ出した。
ご笑覧あれ。

日時:2019年1月10日(木)
18:30開場 19時開演
会場:近江楽堂(初台・東京オペラシティ3F)

YEAR
2019
GENRE
音楽
SIZE
A4
TASTE
シュール
COLOR
YELLOW

似たテイストのデザイン

第6回 日経「星新一賞」

Graphic Wave 2004 工藤青石×GRAPH×生意気

気狂いピエロ

贅沢な骨