原田治 展 「かわいい」の発見

1970年代後半90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した原田治さんの回顧展のフライヤー。

ポップアート感あふれるイラストが可愛くて魅力的。ポテトチップスのキャラクターもデザインしていたとは初めて知りました。

動きを感じる「告知」のデザイン

デザインのメインとなる要素は当然イラストである。イラストの背景には赤い罫線が敷かれており、斜めになっていることで動きを感じる構図となっている。原田治さんのイラストはシンプルでシンボリックな印象があるが、今回のフライヤーには「動き」が感じられ、期間が決まった展示会が号外のようにスピード感を持って告知される雰囲気が出ている。

詳細情報

OSAMU GOODSよ永遠に
1970年代後半から90年代にかけて、女子中高生を中心に爆発的な人気を博した「OSAMU GOODS (オサムグッズ)」の生みの親、原田治(1946-2016)。
50-60年代のアメリカのコミックやTVアニメ、ポップアートなどから影響を受けたイラストレーション-とりわけ、簡潔な描線と爽やかな色彩で描かれたキャラクターたちは、その後の日本の“かわいい”文化に多大な影響を与えました。
没後初の全国巡回展となる本展では、イラストレーターとして活動する端緒となった
1970年代「an·an」の仕事をはじめとして、広告·出版·各種グッズなど多分野にわたる作品を中心に、幼少期~20代前半の初期資料や、エッセイ集『ぼくの美術帖』関連資料も交えて展示し、時代を超えて愛される、原田治の全貌に迫ります。

主催:公益財団法人せたがや文化財団世田谷文学館
協力:コージー本舗、コスモマーチャンダイズイング、トムズボックス、パレットクラブ
企画協力:渋谷出版企画 後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
会場設計:五十嵐瑠衣 アートディレクション:服部一成

提供元

今回のフライヤーですが、デザイナーのいしやま暁子さんにご提供いただきました。かわいいフライヤーをお送りいただきありがとうございます。

YEAR
2019
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
イラスト
COLOR
RED

似たテイストのデザイン

ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる

あがた森魚 レトロスペクティヴ・フェバリッツ

仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐

ミュージカル「わたしは真悟」