ポーランドの映画ポスター

戦後ポーランドのポスターは、グラフィック・デザインの世界で国際的にも高い評価を確立していますが、その中にひときわ大きな位置を占めているのが映画ポスターです。その表現は、しばしば映画の内容と衝突しかねないほどの自由さで見る者を圧倒し、映画ポスターに対する我々の固定的なイメージを揺るがします。そして、このことは我々に馴染みの深い日本映画のポスターについても例外ではなく、常に予想もつかないようなデザインがファンの目を釘付けにして放しません。

フィルムセンターでは1972年の「ポーランド映画の回顧」以来、数次にわたる特集上映を通して同国の映画文化を紹介してきましたが、それらを機にポーランドから譲渡された映画ポスターも多数に上っています。小ホールの上映プログラム「ポーランド映画、昨日と今日」に続いて開催の運びとなった本展では、コレクションの中から選りすぐった約50点のポスターを紹介しながら、極めてユニークな映画とデザインの関係を概観します。

フィルムセンターが誇る貴重な収集の成果をお楽しみください。

会期:2005年10月28日(金)‐12月25日(日)

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター展示室(7階)

主催:東京国立近代美術館フィルムセンター

似たテイストのデザイン

武田秀雄展

青空

THE CARTOON WORLD BY TAKEDA HIDEO 武田秀雄 漫☆画☆展

けものがれ、俺らの猿と