没後150年 坂本龍馬

坂本龍馬は天保6年(1835)に土佐で生まれ、慶応3年(1867)に京都で亡くなりました。その間、浪士の立場ながら薩長同盟を仲介し、大政奉還を推進するなど、近代日本の創設に尽力しました。龍馬が亡くなってからおよそ150年。これを機会に改めて龍馬の人間的な魅力を伝える展覧会を開催します。
本展では、龍馬の自由奔放な生き様や家族への愛情をあらわした直筆の手紙を中心に、その魅力をわかりやすく紹介します。また、龍馬が暗殺された際に携えていた愛刀「吉行」などの遺品や関連資料を合わせて展示し、龍馬が活躍した幕末という時代に迫ります。

主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都江戸東京博物館、読売新聞社
特別協力:京都国立博物館
協賛:野崎印刷紙業

似たテイストのデザイン

龍馬疾る!

キース・ヘリングと日本:Pop to Neo-Japonism

ICC 2020 オープンスペース2017 未来の再創造

JAGDA新人ショウ2006