たそがれ清兵衛

シンメトリーの画面を分断するように唇と目を繋ぐ赤い線に目が留まる。時代劇ながらピンク色を全面に敷いた色使いも新鮮。最低限の情報のみで上品にまとめた名作フライヤーデザイン

巨匠・山田洋次監督が、初めて挑む本格時代劇大作。

「男はつらいよ」「幸福の黄色いハンカチ」「学校」など、数々の心に残る傑作を生み出してきた日本映画界の巨匠・山田洋次監督が初めて挑んだ本格時代劇、それが「たそがれ清兵衛」である。構想に十年以上を費やし、時代考証に一年以上をかけて、山田洋次監督が満を持して挑んだ渾身の一作である。原作は、文庫本の総発行部数が二三〇〇万部を超え、今もなお圧倒的な人気を誇る時代小説の第一人者・藤沢周平。今まで誰も映画化しえなかった藤沢文学の世界が、初めてスクリーンに映し出される。本作品は、藤沢周平の数ある名作の中から、特に高名な短編「たそがれ清兵衛」「竹光始末」「祝い人助八」をベースに、誰かを大切に思う心、目立つことのない本当の勇気や誇りなど、現代の日本人に失われてしまった,心。を描いている。山田洋次と藤沢周平が問いかける,本当の幸せとは何か」というメッセージに、きっと胸に沁み入る感動を覚えるに違いない。

詳細情報

監督:山田洋次
製作:大谷信義 、 萩原敏雄 、 岡素之 、 宮川智雄 、 菅徹夫 、 石川富康
プロデューサー:中川滋弘 、 深澤宏 、 山本一郎
原作:藤沢周平
脚色:山田洋次 、 朝間義隆

YEAR
2002
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
和風
COLOR
PINK

似たテイストのデザイン

ダダオレコーズ巡回展

疾風迅雷―杉浦康平の雑誌デザイン半世紀展

田中一光 回顧展

水墨の風