横尾忠則 幻花幻想幻画譚 1974-1975

フライヤーアーカイブJPの「横尾忠則フライヤー特集」第2弾。

横尾忠則の線画が展示されるという珍しい展覧会。
フライヤーはA3見開きに印刷されており、開くと実際に展示されているモノクロの線画を一覧で見れる仕様。
彩度を落とした渋めの色彩が和風な印象を与えている。横尾忠則らしく毒々しい印象はありつつも美しい配色となっている。

A3見開き仕様

詳細情報

時代の寵児として先陣を切って若者文化を牽引していた横尾忠則は、1974~75年にかけて、東京新聞に連載された瀬戸内晴美(現·瀬戸内寂聴)による時代小説『幻花』のために挿絵を描いていました。室町幕府の衰退を一人の女性の視点から綴ったこの小説に、横尾は自由奔放な発想をもって、実験的手法を繰り出しながら、超絶技巧の挿絵を次々と生みだしていったのです。2015年12月、兵庫の横尾忠則現代美術館にて、挿絵の全原画が一般公開されるまで、その存在を知るものはほとんどいませんでした。そのとき、40年間の封印から解き放たれた原画たちは、横尾が第線で活躍するなか東洋思想への関心を深めていた70年代半ばの、時代の空気やエネルギーを強烈に発散しつつ、新たな生命を解き放ったのです。今回、横尾忠則現代美術館の多大なるご協力のもと、横尾自らが銘々した「幻花幻想幻画譚」を受け継ぎながら、挿絵原画全371点をここ東京の地で、新たな視点から甦らせます。約8cm × 14cmの小さな画面から発せられるエネルギーはどこからやってきたのか、40歳を前にした横尾忠則のいた社会情勢にも焦点を当てながら検証します。般若心経を書き込んだり、映画のアニメーションのように同じ場面を少しずつ変化させ連続性を持たせたり、一方、唐突に物語に関係のないモチーフや、作家瀬戸内自身の肖像を登場させたり、原稿が出来上がる前に挿絵を描いてしまったものなど、横尾イラストレーション·ドローイングの真骨頂、横尾グラフィック·ワークの最高傑作が凝縮された小さな宇宙をご体験ください。

会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F
会期:2018年9月5日(水)~10月20日(土)
主催:公益財団法人DNP文化振興財団、ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)

似たテイストのデザイン

寺山修司展 ひとりぼっちのあなたに

うたの記憶と出会うとき クレオール・ニッポンの旅先から

GINZA・銀座・ギンザ

阿部展也―あくなき越境者