雪村展 千葉市美術館

戦国時代のスーパーエキセントリック

雪村(せっそん)という画家の名前を聞いて、その絵をすぐにイメージできる人が、どれぐらいいるでしょうか。もちろん、日本美術史の専門家や、古美術に詳しい人なら、いくつかの絵が思い浮かぶでしょう。おぼろげな人物像も、ご存じかもしれません。

では、はっきり言っておきます。この展覧会は、雪村の「せ」の字もご存じない人たちこそ、見てもらいたい。ともかく、400年以上前に、こんな面白い絵を描いて、それがたくさん伝えられているんだから、まず見てみませんかーーーそんな気持ちで、企画しました。もちろん、よくご存じの方にも見てもらいたいのですが・・・。

雪村は、16世紀、京都を遠く離れた東国に住んでいました。生没年すらわかりませんが、1500年ごろに生まれて、茨城、福島を中心に、各地を転々としたようです。世はまさに戦国時代。80余歳まで長生きして、織田信長と同じころに亡くなったと思われます。

同時代の画家に比べて、雪村の絵は驚異的にたくさん残っています。現在、200点近くもあるでしょうか。京都の画家の絵は、その多くが戦乱で焼けてしまいました。雪村は田舎に住んで、名もない人々に与えたものも多かったので、こんなに残ったかもしれません。この展覧会には、そのうち130点ほど集めました。美術館や博物館からお借りした、すでに定評のあるもの。熱心な個人所蔵家からお借りした、未公開のもの。さらに、アメリカの美術館に収蔵されているいくつかの大作も、久々に里帰りします。4会場を巡回する展覧会なので、各会場ごとに、展示の内容も、コンセプトも変わります。どうぞお楽しみに。

風の中に立ちつくす仙人や羅漢の姿には、雪村の生き方が投影されているでしょう。めまいがするような山水の景観には、雪村の頭の中のビジョンが映し込まれているでしょう。 好んで描いた野菜や果物は、きっと食べたに違いない・・・。私はそんなふうに考えていますが、どうぞ、展覧会で絵そのものと対面して、みなさん、勝手にこの画家のことをイメージしてください。面白いと思いますよ。(本展監修者・明治学院大学教授 山下裕二) 。

平成14年1月26日(土)~3月3日(日)
休館日 :毎週月曜日ただし2月11日は開館、2月12日は閉館
開館時間:午前10時~午後6時(金曜日は午後8時まで)
入館は閉館30分前まで
入場料:一般800円(640円)
高校·大学生560円(450円)
小·中学生240円(200円)
※( )内は団体30名以上または前売りの場合の料金
※前売り券は、JR東日本びゅうプラザ(1月5日から3月3日まで)
千葉市美術館ミュージアムショップ(1月25日まで)等で発売
主催 千葉市美術館 協力=日本航空 企画協力 浅野研究所
千葉市美術館
Chiba City Museum of Art

似たテイストのデザイン

生誕150年 横山大観展

東京JAZZ 02

テルミン

クソ野郎と美しき世界