YES オノ・ヨーコ展

1950年代から半世紀に亙って展開してきたオノ·ヨーコの創作活動を、出身地東京で本格的に紹介することになりました。1960年代の《グレープフルーツ》など、見る者の心に深く訴えかける詩的な言葉による絵画や、60年代末に世界の大都市の看板に掲げた《戦争は終わった!》は美術や音楽の分野だけでなく、広く社会にメッセージを投げかけるものでした。旧来の芸術の場とは異なる、日常的な空間のなかに発表の場を求めることで生み出されていった作品はいずれも、観者のイマジネーションに直接的に
はたらきかけることで成立する全く新しいすがたをとるものです。
本展は、これまでまとまったかたちで展示されることのなかった初期のオブジェや実験的な映像、そして近年の大規模なインスタレーションまで、およそ130点の作品によって、ますます今日的な重要性を増しているその活動の全貌を探るものです

会期:2004年4月17日(土)-6月27日(日)
会場:東京都現代美術館
主催:財団法人東京都歴史呅化財団、東京都現代美術館、ジャパン·ソサエティ-(ニューヨーク)、朝日新聞社
協賛:凸版印刷株式会社
協力:日本航空
開館時間:10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(但し5月3日は開館)

YEAR
2004
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
GRAY

似たテイストのデザイン

BeoCom 2000 HAC 人にやさしい電話機

山本基 しろきもりへ

アレクサンダー・カルダー モビールの森を散歩する

モネ 睡蓮の世界