横尾忠則 在庫一掃大放出展

横尾忠則フライヤー特集第5段は2018年の「在庫一掃大放出展」こちらのフライヤーですが驚いたことに表裏で同じものが印刷されています。過去から遡って横尾忠則さんのフライヤーを振り返りましたが必ずどこかに普通じゃない箇所が合ったのですが、今回は表裏に同じデザインを印刷するという部分が『普通じゃない』なのかもしれません。

それにしてもこれだけ「SALE」の文字が沢山配置されていてもまったく安っぽい印象にならないのは流石の一言。

詳細情報

2012年の開館以来、当館では様々なテーマを設け、多彩な切り口から横尾忠則の作品を紹介してきました。しかし今回は、あえて特定のテーマを設けていません。出品作品を選ぶ基準はただひとつ、「まだ当館で展示されたことがない作品」です。
題して「在庫一掃大放出展」。美術館を特売セール会場に見立てたユーモラスな演出は、一見冗談半分にみえるかもしれません。しかし、論理よりも感覚を重視し、聖俗が不可分に渾然一体となった横尾の作品世界とも、実は通じ合っているのです。
横尾忠則現代美術館ならではのユニークな展覧会を、ぜひお楽しみください。

会期:2018年9月15日(土)-12月24日(月•振休)
会場:横尾忠則現代美術館
主催:横尾忠則現代美術館([公財]兵庫県芸術文化協会)、神戸新聞社、毎日新聞社
後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、神戸市、神戸市教育委員会、サンテレビジョン、ラジオ関西
助成:一般財団法人地域創造
協力:ホテルオークラ神戸

似たテイストのデザイン

けものがれ、俺らの猿と

前衛下着道 鴨居羊子とその時代

あうるすぽっとプロデュース  ノイズの海

内田栄一の作りかた