堂本尚郎展

堂本尚郎は、伯父の日本画家·堂本印象をはじめ、多くの芸術家を輩出した名門一族のもと、1928年京都に生まれ弱冠23歳で日展特選を受賞するなど、日本画壇で華々しいデビューを飾りました。しかし1952年、印象に随行してヨーロッパを周遊したことをきっかけにフランス留学を決意し、1955年、単身パリへ渡った時点では、日本画を離れて油彩画へと転じました。当時のパリでは、アンフォルメルという抽象絵画の一大潮流が旋風を巻き起こしており、堂本もその渦中に身を投じ、瞬く間にその中心人物となって注目を集めることになりました。その後、この潮流からは距離を取り、パリやニューヨークを拠点に次々とその画風を進化させながら、独自の絵画を展開して、数々の国際展でも高い評価を得るようになりました。
しかし1967年、帰国して東京·世田谷にアトリエを構え、ひとりの日本人画家としてさらに新たな画境を切り拓いてゆく道を選び、以後、精力的に制作活動に勤しんで今日に至っています。本展では、これまであまり展覧されることのなかった初期の日本画から初公開の最新作まで、全国各地からご出品いただいた代表作多数を含むおよそ100点の油彩画およびドローイングを展覧いたします。本展が、日本の戦後美術をつねに最先端にあって牽引してきた堂本尚郎の画業の全貌を見渡し、かつ絵画の未来を皆様とともに考える好機になればと願っています。
会期: 2005年12月17日(土)−2006年2月12日(日)
休館日: 毎週月曜日、および年末年始(12月29日〜1月3日)
ただし1月9日(月・祝)は開館、10日(火)は休館
開館時間: 午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)
会場: 世田谷美術館 1階企画展示室
主催: 世田谷美術館、京都国立近代美術館
助成: 芸術文化振興基金

YEAR
2005
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
RED

似たテイストのデザイン

万引き家族

Y.アーネスト·サトウ写真展

ターナー 風景の詩(うた)

転換期の作法