宮島達男 BEYOND THE DEATH

1988年のベネチアビエンナーレの「アペルト」展で世界から注目を集め、以後発光ダイオード(LED)を使用したデジタル·カウンターによる作品などによって国際的
に活躍する宮島達男。
戦後60年にあたり熊本市現代美術館のメインギャラリーに《Death of Time)(1990-1992)/(Mega Death》(1999)/《Death Clock》 (2003)の「死の3部作」を、世界
で初めて、一挙に展示いたします。「それは永遠に続く それは変化し続ける それはあらゆるものと関係を結ぶ」というコンセプトによって生み出される、宮島達男の死を超越する芸術の力をご堪能下さい。

□観覧料/一般: 1,000円(800円)高校·大学生: 500円(400円)
熊本市内小·中学生:無料(名札·生徒手帳など証明できるものをお持ち下さい)熊本市外小·中学生: 300円(200円)
( )は前売および20名以上の団体料金※中·小学生の()は団体割引のみ前売はありません。前売券は熊本市内プレイガイドでお求めください。
◆10/12(水)の熊本市現代美術館開館記念日は入場無料となります。
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳等をお持ちの方、又は熊本市民で70才以上の方は割引があります。
詳しくはお問い合わせください。
□開館時間/ 10:00~20:00(展覧会入場は19:30まで)【夜間開館8/13-14は22:00まで(入場21:30まで)】
□休館日/火曜日
●主催:熊本市、熊本市美術文化振興財団、熊本日日新聞社、RKK熊本放送●協力:株式会社ティー·ジー·エイ、白石コンテンポラリーアート
●協賛:(株)お菓子の香梅·後援:熊本県教育委員会、熊本市教育委員会、熊本県文化協会、熊本県美術家連盟、NHK熊本放送局、エフエム熊本
熊本シティエフエム、熊本リビング新聞社、ウルトラハウス、メディアプレス、エヌオー出版、熊本ハイカラ、上通ファンクラブ
■作品/Mega Death 1999
写真協力:国際交流基金、

似たテイストのデザイン

パシフィック・リム アップライジング

Une Femme est Une Femme

テレサ・ウェーンベルグ ブレインソング 脳との対話

マシュー・バーニー 拘束のドローイング9