Cuddly Cube

あんさいさんとおさかなゼリーさんのグループ展。現代的なイラストが人気ですね。

あんさいさんの絵の特徴

あんさいさんは可愛い女の子のイラストで人気のイラストレーターさんです。イラストの主役である女の子自体の動きはそれほど激しくなく、顔の表情も乏しいのですが、絵全体からは躍動感を感じます。画面の作り方が非常に考えられており、自然と主役に向かってフォーカスされるレイアウトにグラフィックデザイナー的な感覚を覚えました。

躍動感を感じるレイアウト

女の子の周りに浮遊するモチーフは、レモンや目玉焼きやペンギンなど脈絡のないものも含めかなり多いです。何も考えないで作ると画面が破綻してどこを観てよいか分からない絵が誕生しますが、それらのカオスな状態を鎮めるために「基礎固め」が必要となります。その役割が、この絵におけるレイアウトの基本となっている三角構図。

三角構図で基礎固め

植木鉢と女の子の顔で三角の形が現れます。三角構図は末広がりで無意識のうちに安定感を感じる王道のレイアウト。特にこの絵はシンメトリーな三角形が存在し、非常に安定感のある基礎で固められています。しかし三角構図は安定はしますが絵が簡単に理解できすぎてしまい、つまらなく感じることもあります。

視点の誘導による躍動感

そこで、三角構図にプラスされたもう一つの要素「視点の誘導です」。一見ランダムに配置されているように見えるレモンやコーヒーカップですが主役である女の子の顔に誘導されるような配置がなされています。無意識のうちに主役に目がいき、モチーフの多さに対してスッキリと絵の中の関係性が理解できるものとなっています。

また上記のように雲も中心へと流れており、漫画の集中線のような役割を果たしています。これら視点の誘導によって女の子自体はおとなしく見えるのに、画面全体では賑やかさと躍動感に満ちた世界観が生まれています。

このように多くのモノが飛び散ったように見えるイラストでしたが、実は非常に計算され尽くしたレイアウトが行われてるあんさいさんのイラスト。大人しめの女の子+激しい背景。これも「ギャップ萌え」の一つとして計算された構図なのかもしれません。

詳細情報

cuddlycubeは「あんさい」と「おさかなゼリー」によるデザインとイラストのアートユニットです。
ぎゅっと抱きしめたくなるような愛しい作品を目指して、のんびり楽しく活動しています。
今回は2人の考える”かわいい四角”を詰め込んだ、初の個展を開催します。

開催日:2019-9-18~2019-9-23

開催時間:12:00~19:00

開催場所:Atelier Sunnyday(店舗内)

入場:無料

似たテイストのデザイン

奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている

マリメッコ・スピリッツ

レスタンプ・オリジナル

モーショングラフィックス7