パーマネント野ばら

菅野美穂8年ぶり主演最新作 原作:西原理恵子×監督:吉田大八

多数のドラマや映画に出演し、その独特の雰囲気で唯一無二の存在感を放つ女優·菅野美穂。実に8年ぶりの主演映画として、彼女が選んだ作品が、西原理恵子の叙情的傑作と評される『パーマネント野ばら』(新潮社刊)である。リアルな大人の女性の恋心をテーマに、彼女の新境地的な作品としても話題となり、深い愛情と悲しみを湛える女性たちの活き活きとした姿が、多くの共感と絶大なる支持を得ている本作。監督は、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』(07)がカンヌ国際映画祭の批評家週間部門に正式出品されるなど国際的にも評価が高く、可笑しくも哀しい愛すべき人間たちを描き続ける吉田大八。ほぼ全編を西原の出身地である高知県の港町で撮影し、美しい景色と特有の空気感を見事に映像に収めました。共演は、菅野演じるなお、この友人に小池栄子、池脇千鶴。更になおこの母に夏木マリ、その夫に宇崎竜童。そして、恋人カシマ役に江口洋介と、強力な役者陣が集います。主題歌は、高知県出身の注目アーティスト、さかいゆうの「train」。
多才で豪華な顔ぶれが集結し、深い余韻を残す感動作が完成しました。

監督:吉田大八
原作:西原理恵子
脚本:奥寺佐渡子
音楽:福原まり
配給:ショウゲート

YEAR
2010
GENRE
映画
SIZE
B5
TASTE
シンプル
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

ルノワール 伝統と革新

地下謎への招待状2018

没後50年 藤田嗣治展

恋愛物語展 どうして一人ではいられないの?