ICC オープンスペース2009

OPEN SPACE 2009
オープン·スペースは、ギャラリー、図畵室、ミニ·シアター、ラウンジなどの、ICCが持つ機能を総合した、年度を通じて公開される入場無料スペースです。
ICCの活動理念にもとづき、より多くの方々に先進的な芸術表現とコミュニケーション文化の可能性を感じていただけるような展示とともに、ICCの活動の歴史をさまざまな資料、映像記録などにより参照することができますまた、今年はテーマ展示エリアを新設し、アートとサイエンスを横断する作品やプロジェクトを紹介する試みも行ないます。

Open Space includes a gallery, a library, a mini-theater, and a lounge All are open to the public, free of charge, throughout the year.
In line with the philosophy behind all ICC activities, we not only offer exhibitions that introduce ever more people to leading-edge artistic expression and the possibilities of a communication-rich culture. We also make available a wide variety of materials from past activities,
including a video archive. This year we are, in addition, introducing a new, experimental themed exhibition area for display of works and projects at the intersection of art and science

新進アーティスト紹介コーナー「エマージェンシーズ!」
“Emergencies!”. Introducing Emerging and Prospective Artists
今後期待されるアーティストやクリエイターの最新の作品やプロジェクトを紹介します。

会期:2009年5月16日[土] 2010年2月28日(日) NTTインターコミュニケーション·センター[ICC]
開館時間:午前10時午後6時|休館日:月曜日
入場無料
主催:NTTインターコミュニケーション·センター[ICC]

似たテイストのデザイン

ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気

第6回 日経「星新一賞」

岐阜県美術館所蔵 「ルドンとその周辺-夢見る世紀

グラフィックトライアル2008