葛西薫 1968

2007年に銀座のG8で行われたタイムトンネルシリーズVol.25

「k.k」の文字をシンボリックに配置したシンプルなフライヤー。

詳細情報

独自の表現で多くの広告を手がけてきた葛西薫氏。なかでもサントリーウーロン茶(1983年~)や、ユナイテッドアローズ(1997年~)などは、広告業界ではめずらしいほど長期にわたっています。この10年は、演劇、映画、装丁のグラフィック、空間、CIデザインなど、活動の領域を大きく広げてきました。北海道に生まれ、機械いじりや模型が好きな少年だった葛西氏は、高校時代にレタリングを知り、通信教育で学びながら文字の造形に魅せられてゆきます。そして、これを職業にしたいと上京、文華印刷に就職したのが1968年 デザイナー葛西薫の出発の年でした。
その後、大谷デザイン研究所を経て、サン・アドに入社、「アイ ラブユー」(1983年)、「ウイスキーをありがとう」(1984年)などに始まる、人々の記憶に残る数々の広告を世に送り出す一方で、フリーハンドを多用した、自由でのびやかなグラフィック作品も多数発表しています。本展では、葛西氏のデビュー当時から現在に至るまでを、二会場でご紹介します。
クリエイションギャラリーG8では、サントリーウーロン茶、ソニー、西武百貨店などの広告の仕事を中心に、アイデアスケッチも展示。ガーディアン・ガーデンでは、舞台や映画、装丁、プロダクト、展覧会の作品など、その制作の過程もご紹介します。

  • 会期:2007.10.29 月 – 11.22 木
  • 時間:11:00a.m.-7:00p.m.(水曜日は8:30p.m.まで) 土曜・日曜・祝日休館 入場無料
  • 主催
    クリエイションギャラリーG8 ガーディアン・ガーデン

似たテイストのデザイン

舟越桂展 TABLOID GALLERY

谷川俊太郎展 フライヤー1

石田徹也追悼展「漂う人」

スウィート ヒアアフター