全員巨匠!フィリップス·コレクション展

米国で最も優れた私立美術館の一つとして知られるワシントンのフィリップス·コレクションは、裕福な実業家の家庭に生まれ、高い見識を持つコレクターであったダンカン·フィリップス(1886-1966)の旧私邸であった場所に位置しています, 2018年には創立100周年を迎えます。
1921年にはニューヨーク近代美術館よりも早く、アメリカでは近代美術を扱う最初の美術館として開館しました。フィリップスの常に鋭い取捨選択によって、コレクションの中核をなす作品群はいずれも質の高いものばかりです。本展では、この世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クールべ、近代絵画の父マネ、印象派のドガ、モネ、印象派以降の絵画を牽引したセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックらの秀作75点を展覧します。

会期:2018年10月17日~2019年2月11日
会場:三菱一号館美術館
主催:三菱一号館美術館、フィリップス・コレクション、読売新聞社、日本テレビ放送網

似たテイストのデザイン

蓮沼執太: ~ ing

鈴木康広 始まりの庭

着るをたのしむ / Life展 / いわさきちひろ生誕100年

クレラー=ミュラー美術館所蔵 ゴッホ展