ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道

ウィーン世紀末、それは新たな始まりだった―
19世紀末、ハプスブルク帝国が終焉に向かう頃、芸術においても新たな時代を求める動きが起こり、装飾性豊かな世紀末芸術が、絵画や建築、応用芸術、ファッションなど様々な分野で花開きました。

同展は、モダンデザインへの萌芽とも言えるビーダーマイアー時代の銀器や絵画から、世紀末芸術を代表するクリムトやシーレ、オットー・ヴァーグナー、アドルフ・ロース、ウイーン工房に至るまで、約400点の作品により、ウィーン世紀末の華麗なる芸術世界とその革新性が紹介されます。

会場:国立新美術館
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
会期:2019年4月24日(水)~2019年8月5日(月)
主催:国立新美術館、 ウィーン・ミュージアム、 読売新聞社

YEAR
2019
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
エレガント
COLOR
BLACK

似たテイストのデザイン

ラスト・ワルツ|公開40周年記念上映

蜷川実花写真展 UTAGE 京都花街の夢

ウィリアム・モリス -デザインの軌跡

ヴィンテージ香水瓶と現代のタピスリー