追悼特別展 高倉健

映画俳優、高倉健の全仕事-
任侠映画で一時代を築き、数多くの名作や話題作に出演し、晩年は最も出演が待ち望まれる俳優として、生涯で205本の映画に出演した高倉健。多くのファン、スタッフや役者仲間からも慕われたこの名優が世を去ったのは、2014年11月10日のことでした。
本展は、3回忌を迎えるのを期に、高倉健の映画俳優としての仕事を回顧し、あらためてその業績を顕彰しようとするものです。横尾忠則、森山大道による、高倉健をモチーフとした作品で幕を開ける本展の最大の見どころは、出演作205本のすべてから抜粋した、高倉健出演場面の映像の紹介です。
残されたフィルムには経年劣化により現在見ることの困難な作品もありましたが、フィルムをデジタル修復するなどして、その一部をご覧いただにとが可能になりました。1本1本の抜粋時間は限られていますが、時代ごとの高倉健の魅力を存分に!味わい、映画俳優としての全仕事を概観する絶好の機会となります。
あわせて、高倉が所蔵していた台本や小道具、スチール写真、ポスターやプレスシートといった宣伝物など、貴重な資料類を一堂に展示し、時代とともに歩んだ稀代の映画俳優の足跡をたどります。展示された膨大な映像や資料の中を彷徨ううちに、その中から高倉健という俳優の存在が立ち現れて来るのを感じていただけることでしょう。

主催:東京ステーションギャラリー(公益財団法人東日本鉄道文化財団)、毎日新聞社
特別協力:高倉プロモーション
協力:一般社団法人日本映画製作者連盟
特別協賛:健康家族

似たテイストのデザイン

KARL HYDE “What’s going on in your Head when you’re Dancing ?”

24hour PARTY PEOPLE

ヤノベケンジ キンダガルテン

POLYSICS LIQUIDROOM LIVE