提言 百、人、連、花。

二十歳代より多様なジャンルの芸術活動を展開してきた勅使河原宏は、一九八〇年に草月流第三代家元を継承した後も、常に新しいいけばなを追究し続けました。その最後にたどりついた「連花」は、「連歌」と同様に複数の人間が時と場所を共にしながら、「いけばな」を連鎖させてゆく試みです。しかし、昨年四月に勅使河原宏が亡くなったため、まだ試行錯誤の過程にあった「連花」は多くの可能性をはらんだまま残されました。
本展では、草月会館を舞台に、会期中を通して勅使河原茜をはじめ百人のいけ手が、勅使河原宏の制作した花器に百人百様のいけばなを連ねてゆきます。また,最終日には「はなをいける」という行為にのみつながりを持った、流派 を越えたいけ手たちの競演「大連花 草月場所」が開催されます。その他にも、勅使河原宏監督作品の映画上映会や特別教室企画などの様々なイベントも催されます。
草月会館を巨大な生き物のように躍動させる「連花」のうねりとともに、いけばなの可能性を体感する機会となります。皆様のご来館を心よりお待ちしてお呈す。

提言 百、人、連、花。
勅使河原宏からの宿題
二〇〇二年四月八日(月)-四月十四日(日)会期中無休
開場時間:午前十時-午後五時(十二日は午後八時まで)
会場:草月会館
入館料:無料
監修:勅使河原茜
主催:財団法人草月会
協力:株式会社花判、三田ハナモ東京生花株式会社、三浦印刷株式会社、セイコーエプソン株式会社、ミノルタ株式会社
財団法人草月会 〒一0七1八五○五 東京都港区赤坂七-11-11十一
電話:0三_三四0八ㄧ二五八
http://www.sogetsu.or.jp

designed by koichi sato 2002

YEAR
2002
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
和風
COLOR
GREEN

似たテイストのデザイン

桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち

緒方俊平と愉快な仲間たち

絵巻 山中定盤

水墨の風