アーットダ!戸田正寿ポスターアート展

戸田正寿さんの2008年の個展フライヤー。今でいうとyoshirottenとかのグラフィックに通じるのもがありますね。色褪せないカッコよさ。

詳細情報

戸田の構成力や彼が後に撮影した様々な主題の広範囲の作品は、ヨーロッパのシュルレアリスム運動の要素を思い起こさせるものがあります。また、彼の作品の多くは、伝統的な手仕事の感覚が特徴的で、東洋の伝統にしっかりと根付いています。地味な作品もありますが、決して退屈ではありません。このような作品は、絶え間ない研究と思慮深い観察によって本質を現してきます。戸田作品は、初めて日本を訪れた人の目に映る日本のように、往々にしてミステリアスでしばしば美しく、時には、西洋人にはまったく理解不能なものもあります。しかし、東京の暗い裏路地の突き当たりにある華やかなナイトクラブに導かれるかのように、戸田作品は探索すればするほど、多くの喜びと幸福を見る者に与えてくれるのです。
クリストファー・マウント
(元 MoMAキュレーター、パーソンズ・スクール・オブ・デザイン・デザイン史教授)

会期:2008年01月09日(水)~01月31日(木)

会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー

似たテイストのデザイン

追悼特別展 高倉健

田原桂一 光合成

視覚の実験室 モホイ=ナジ/イン・モーション

福本潮子 宇宙へつながる藍 ー銀河の世界ー