トロン

映画の第3次革命が始まった!

映画が誕生して一世紀。 その発展の過程の中で数多くの新しい技術が生まれた。 その中には「シネラマ」 や 「70 ミリ」という技術もあった。 しかし広い視野で映画の発展の歴史をたどる時、 2つの大きな、革命とも呼べる技術があったことに気がつく。ひとつは「トーキー」の技術であり、もうひとつは「カラ-」の技術である。ところが今、過去の2つの革命に匹敵するかもしくはこれを越える第3の技術革命として、コンピュータグラフィックスが大きな注目を集めつつある。 ディズニー映画の最近作 「トロン」 は、世界で初めてこの新しいテクノロジーを本格的に採用した映画だ。

映画にもうカメラはいらない

具体的にコンピュータ・グラフィックスとは、紙やペン、 絵具等を一切使わず、 またカメラや具体的な被写体等もなしで、数値データや数式をコンピュータに入力するだけで作り出した画像のことである。データ計算に何台ものコンピュータを駆使するため、 1秒の映像を作り出す費用が、 最低50万円、凝れば200万円といわれている。 「トロン」の中でこのコンピュータグラフィックスに費した費用は30億円。監督はハリウッド映画界がいまもっとも注目している弱冠31才のスティーブン・リズバーガー。 音楽は「時計仕掛のオレンジ」のウェンディ・カルロスと、アメリカNo.1のロック・グループのジャーニー。

「スター・ウォーズ」を超える面白さ!

巨大なネットワークを誇るコンピュータ会社ENCOMに侵入したフリンの身体を、強烈な衝撃が貫いた。 マスター・コントロール・プログラム (MCP) に仕組んだ悪事が発覚するのを恐れたデリンジャー社長が、 あらかじめ侵入者に対し物質転換のレーザー光線をセットしておいたのだ。気がつくとフリンは電子回路の内部にいた。光輝くエレクトロニクスの世界、 MCPの支配する巨大な超ミクロの世界がそこにあった。プログラムは人間の形をし、様々なゼームもここでは生死をかけた戦いであった。”トロン”と呼ばれるスーパー・エレクトロ戦士とともに、 MCPの執行官サークに対して、天才的エンジニア・フリンの戦いが始まった!

YEAR
1982
GENRE
映画
SIZE
A5
TASTE
スタイリッシュダーク
COLOR
BLACKBLUE

似たテイストのデザイン

NO FUTURE Sex Pistols Film

パシフィック・リム アップライジング

SF サムライ・フィクション

風を継ぐ者