大日本タイポ組合展「文ッ字-いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも-」

いつもの文字もちょッと違ッて見えるかも

本。雑誌。ポスター。パソコン。
テレビ。スマートフォン。街で見かける店の看板。
私たちの暮らしは文字で溢れています。
毎日の生活の中で、ついつい読み流してしまう文字も目を凝らして見ていくと、
用途や目的に合わせて選ばれデザインされています。
ちょっとずつ、ちょっとずつ、形を巧みにかえ、斬新なアイデアをプラスして。
だから、もっとデザインされた文字の美しさに注目してほしい。文字で遊ぶ面白さに笑みを浮かべてほしい。発想の豊かさに気づいてほしい。そんな想いで、大日本タイポ組
合展を企画しました。
「文ッ字 ーいつもの文字もちょッと違ッて見えるかも!」
それは、文字と文学はかたちが似ているといったちょっとした思いつきからスタートした、文字と文学の間をデザインする試みです。

会期:2019年4月20日(土曜日)から6月30日(日曜日)
休館日:毎週月曜日(ただし4月29日、5月6日は開館)、第2木曜日
観覧時間:午前10時から午後5時
観覧料:無料
協力:大日本タイポ組合

似たテイストのデザイン

スーパーエッシャー展ある特異な版画家の軌跡

第29回国画会彫刻部秋記展 かたちの缶詰

ミロ展 絵画の詩人ミロ誕生への軌跡

名和晃平 シンセシス