世界報道写真展 2018 WORLD PRESS PHOTO

記録された瞬間 記憶される永遠
世界中の約100会場で開催される世界最大級の写真展「世界報道写真展」は今年で61回目を迎えます。今回は、125の国と地域から4,548人のフォトグラファーが参加し、73,044点の応募がありました。その中から「現代社会の問題」、「一般ニュース」、「長期取材」、「自然」、「人々」、「スポーツ」、「スポットニュース」、「環境」の部の8部門において、22カ国42人の受賞が決まりました。
「一般ニュースの部」では、イヴォール·プリケットがイスラム国(ISIS)からのモスル奪還を巡る戦闘に巻き込まれる市民や廃虚と化す街を捉えています。また、「人々の部」ではイスラム過激派「ボコ·ハラム」の誘拐から逃げだし、自爆用の爆弾から免れた少女たちの姿をアダム·ファーガソンが撮影しました。このほか、密猟者からの保護のため自由を脅かされざるを得ない動物、大統領に対するベネズエラでの抗議活動の模様など、世界の「いま」を克明に伝える写真の数々を紹介します。

会場:東京都写真美術館
開催期間:2018年6月9日(土)~8月5日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし7月16日(月・祝)は開館、7月17日(火)は休館)
主催:世界報道写真財団/朝日新聞社 
共催:東京都写真美術館
後援:オランダ王国大使館/公益社団法日本写真協会/公益社団法人日本写真家協会/全日本写真連盟
協賛:キヤノンマーケティングジャパン株式会社/ゲッティイメージズジャパン株式会社
協力:特定非営利活動法人 国境なき医師団日本

YEAR
2018
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
ダーク
COLOR
BLACK

似たテイストのデザイン

あらかじめ決められた恋人たちへ 映画74分。ライブ74分!

心の中

堀川中立売

GLASS EXPRESSION 卯辰山からのアーティスト達