永井一正ポスター展

永井一正の突然変異 横尾忠則

永井さんの作品は、初期の抽象デザインから今日の動物シリーズまで3期に分けることができるが、目下4期目を形成しつつある。初期のデザインから知る者にとっては、動物シリーズの出現は突発的な「事件」としかいいようがない。永井さん個人にとっても事件だが、自然界における突然変異と同様、デザイン界の突然変異でもある。しかし、今や永井一正といえば動物作家といえるが、動物に留まらず虫や植物まで自然界を相手にし始めた。またその描写力は、かつての定規やコンパスを捨て、細いペンに持ち代え、まるで獄中記でも書くように空間を小さい点で埋めてゆく。「ア〜シンドー」と思わず溜息が出るミクロ的世界だ。そのミクロ的世界が、気がつくと、マクロ的世界に反転してしまっていることにわれわれは気付く。そしてそこには、かつての饒舌的な極彩色世界は消え、寡黙なモノトーン世界への移行が始まりつつある。しかし油断はできない。まだまだ永井さんは、次なる秘密兵器を捜し持っているに違いないからだ。

ギャラリートークのご案内
出演=永井一正+横尾忠則

日時:2004年1月23日(金)18:00 ~ 19:30会場=DNP銀座ビル5F0入場無料/定員70名

会場=DNP銀座ビル5F0入場無料/定員70名

※このイベントは2004年のものです。

後援:富山県立近代美術館、DNPグラフィック・アーカイブ

YEAR
2004
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
イラスト
COLOR
REDYELLOW

似たテイストのデザイン

第20回亀倉雄策賞受賞記念 「中村至男展2018」

福田繁雄 イラストレーション

大橋歩イラストレーション展

未来のミライ