marimekko spirit

ギャラリーエークワッドでは、2017年12月15日から2018年2月28日まで、マリメッコ・スピリッツ-
Elämäntapa (エラマンタパ)マリメッコの暮らしぶりーを開催いたします。フィンランドを代表するブランド『マリメッコ(Marimekko)』は、1951年にアルミ・ラティア(Armi Ratia)により創設されました。社名の『マリメッコ』は「マリーのためのドレス」という意味です。当時のフィンランドは第二次世界大戦で国土と経済は荒廃し、国民の生活は困難を極めていました。まだ、女性の起業家も少ない時代でしたが、彼女は、そのような状況を打開すべく、生活をデザインの力で豊かにしたいという想いで『マリメッコ』を始めたことは意外と知られていません。彼女は、「マリキュラ」(Marikylä)と名付けられた芸術村を構想し、工場や従業員の住宅を計画しました。その中で人々は生活し、生きる糧を得るために『マリメッコ』をデザインし 、生産しました。創業当初からデザインを担当したマイヤ・イソラ(Maija Isola)は、極めてカラフルなデザインを提案し、フィンランドという北欧の文化風土にショックにも近い印象を残しました。どちらかというと、自然豊かな優しいアースカラーのデザインが主体だったフィンランドにとって180度の転換といえます。デザインのモチーフは彼らを取り巻く自然の中の「かたち」からヒントを得たものが多いのも特徴といえます。その表現やモチーフは、自然をリソースにした日本のデザインと共通するものがあるのではないかと思います。マイヤ・イソラの活躍の後も、ヴォッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ(Vuokko Eskolin-Nurmesniemi)等、多くのデザイナーが育っていきますが、その中には日本人デザイナーのフジオ・イシモト(石本藤雄)の存在もありました

展覧会名:マリメッコ・スピリッツ-Elämäntapa マリメッコの暮らしぶりー
会 期:2017年12月15日(金)~2018年2月28日(水)
会場:GALLERY A4(ギャラリーエークワッド)
〒136-0075 東京都江東区新砂1-1-1
開館時間:10:00-18:00(最終日は17:00まで)
休館日:日曜・祝日(12/28~1 /4は年末年始休暇)
入館料:無料
主催:公益財団法人ギャラリーエークワッド
特別協力:マリメッコ
企画協力:S2 株式会社
協力:公益財団法人 官休庵
株式会社 六角屋(会場企画/デザイン協力)
フィンランドサウナクラブ、スカイスパYOKOHAMA、コトリフィルム、遠州流茶道
後 援:フィンランド大使館、フィンランドセンター

YEAR
2017
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
GREEN

似たテイストのデザイン

クレラー=ミュラー美術館所蔵 ゴッホ展

エンプティ・ガーデン展

レオナルド・ダ・ヴィンチ「白貂を抱く貴婦人」

映画美学講座