シリーズ【ことぜん】Vol.2

あの出来事 [日本初演]

作:デイヴィッド・グレッグ
翻訳:谷岡健彦
演出:瀬戸山美咲

シリーズ」ことぜん」の第二弾。
個人と全体は、どれほど影響を与え合うのだろうか?

2011年にノルウェーで起きた、極右青年による銃乱射事件をモチーフに描かれたフィクション。この作品では、移民や難民、シングルマザーなど、さまざまな立場の人たちを受け入れている合唱団での出来事として描かれています。登場人物は、二人。生き残った女性に対し、犯人の少年役の俳優が、様々な役を演じます。2013年にエディンバラ演劇祭で初演され、高い評価を受け、今回、日本初演となります。

Story

合唱団の指導者を務めるクレア。彼女の合唱団には、移民や難民など、さまざまな立場の人たちがいた。ある日、練習中に突如入ってきた少年が銃を乱射し、多くの人が亡くなる。団員が殺されるのを目の当たりにしたクレアは、それ以来、魂が分離したような気分になってしまう。クレアは、犯人の少年を「人間」として捉えようと、自分や少年の関係者との対話を試みるが……。

似たテイストのデザイン

野鳩としまおまほ  はたらくおやつ

桃山時代の狩野派 永徳の後継者たち

疾風迅雷―杉浦康平の雑誌デザイン半世紀展

パルテノン多摩×劇団子供鉅人 夏の夜の夢