挿絵本の世界 きれい、カワイイ、怖い

本のなかには版画がたくさん隠れていることをご存知ですか?
書物のすべて(文字も絵も)が手で描かれていた中世が終わりを告げて、活字の印刷が始まると、版画の大活躍もはじまりました。
この展覧会では版画の挿絵本を中心に、おもに19世紀から20世紀はじめまでのヨーロッパの作品をご紹介します。プロローグとして活字本の始まりの時代の古い書物もご紹介します。ひたすら美しいもの、理屈抜きにカワイイもの、なんだか怖いもの–そんな三つのグループにわけてお楽しみいただこうというユニークなこころみです。おしゃれで綺麗なものが大好き!というあなたに贈る春の企画展、ぜひおでかけください。

会場:町田市立国際版画美術館
開催期間:2010年 4月10日(土)~6月6日(日)
[平日] 午前10時-午後5時(入場は午後4時30分まで)
[土·日·祝]午前10時 午後5時30分(入場は午後5時まで)
休館日:月曜日、5月6日(木)ただし5月3日(月·祝)は開館
観覧料:一般800(700)円/大学·高校生600(500)円/65歳以上400(300)円
中学生以下無料 ※()内は20名以上の団体料金 ※展覧会初日4月10日(土)は入場無料
※障がい者手帳または愛の手帳等をご持参の方と介助者1名は半額
主催:町田市立国際版画美術館

YEAR
2010
GENRE
デザイン・アート
SIZE
A4
TASTE
シンプル
COLOR
WHITE

似たテイストのデザイン

村上華岳展

D&AD Awards 2018 エントリー開始

最澄と天台の国宝

Ettore Sottsass & Associates I980/1999